シェルモールド法とは

精密鋳造法のひとつで、鋳型が貝殻(シェル)状になることからシェルモールドと呼ばれる。加熱した金型に粘結剤を添加した鋳物砂をかけて熱硬化させて鋳型を作る方法。メリットは通常の砂型を使用した鋳物と比較して、寸法精度が高い。また、鋳型の製作が容易で、同一形状の鋳物の大量生産に適している。デメリットとしては型砂に使う熱硬化性の樹脂が高価。高温で炭化し、結合力が低下するため厚肉鋳物には適さない。