金型レスの試作向けロストワックスで製品開発支援

3D プリンタとロストワックスの組み合わせなら 量産を見越した開発が可能に

 

このようなご要望にお応えします

・イニシャルの費用を抑えたい
・短納期で金属の試作品を作りたい
・形状が数パターンあり、実際の素材でテストしてみたい
・強度テストをクリアしてから量産(金型製作)をしたい
・量産の前にデザイン・形状を確認したい

3Dプリンター

3Dプリンター

寸法について

あくまでデザイン、形状確認、量産と同材質の試作という位置づけになります。
金型での鋳造に比べ寸法精度は若干異なりますが、重要箇所に関しては機械加工により対応可能です。

面粗度について

3Dプリンタ造形品の精度に左右されます。金型で製作した製品とは若干異なります。ただし、意匠面に関してはご要望により表面処理にて対応可能です。

金属の試作方法を比較

金属製品の試作の主な加工方法は以下の手法が挙げられます。

加工方法特徴
板金加工板物の形状の加工に限られるが低コストで製造が可能。曲げ、切断、溶接等複数工程が必要な場合もある。
切削加工形状により難しい場合やコストが高くなる可能性がある。幅広い材質に対応可能だが削るのが難しい材質もある。高精度品の製造が可能。
ロストワックス
(樹脂3Dプリンタ)
多様な材質にて製造可能。ある程度の複雑形状も可能で、一体物で製造可能。面粗度、寸法精度は金型を使ったロストワックスに比べると劣る。
金属3D プリンター作れる材質が限られるが、チタン等の難削材も可能。複雑形状も問題なく対応できるがコストがとても高いのがネック。精度はまだ発展途上。

量産を見据えた試作の重要性

試作時の注意点の一つとして、試作をクリアした後の量産検討時に、コストを抑える加工方法が選択できるかどうかが問題となります。

試作と量産の加工方法が異なる場合には再度試作が必要です。

切削での試作の場合

切削で量産するとコストメリットがでない場合があります。また、量産時に他の手法を選択する場合、再度、量産用に試作が必要になります。場合によっては他手法では形状的に製造できない可能性があります。

3Dプリンターでの試作の場合

量産はできないため、再度、量産用に試作が必要になります。場合によっては他手法では形状的に製造できない可能性があります。
武杉製作所ではロストワックスにて量産と同様に試作を作ることができます。試作・量産どちらも同様のロストワックス工法にてそのままシフト可能です。また、量産時には金型を作ってのロストワックスになりますので、コストダウンが可能です。もちろん他の試作の手法の方が向いている場合もございますので、状況に合わせ最適な試作手段を提案いたします。