チタンタンブラー

MAKUAKEにてクラウドファンディングがいよいよ開始

“いい時間”は”いいタンブラー”から

 

今回ご紹介するのは、

コロンとしたフォルムと惚れ惚れする色味が印象的なタンブラー

TAKESUGI titan tumbler】です。

 

その名の通り、機能性に富んだチタンを使用しており

デザインもさることながら使いやすさも魅力の1つです。

日頃の疲れを癒す晩酌だけでなく

普段の食卓や子供とのピクニック・キャンプのお供としても

使用していただける一品です。

 

どんな瞬間もパッと彩り、至高の一杯をお届けする

TAKESUGI titan tumblerを愛用品として出迎えてみませんか?

 

 

どれでもいいではなく、これがいい!

TAKESUGI titan tumbler」の魅力は

語り出すと止まらないほどあります。

しかし、「タンブラーなんてどれも一緒でしょ」

と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、使われている素材によって

使いやすさだけでなく、味にまで違いが出てくるんです!!

 

さらに、ふとした瞬間に目に入ってくるタンブラーが

自分の好きなデザインであれば、気分も上がること間違いなし。

 

【TAKESUGI titan tumbler】は、高機能なチタンと職人の技で

デメリット知らずの使いやすさと、惚れ惚れするデザインを実現!

どんなシチュエーションであっても

至高の時間をお楽しみいただけるんです!

 

・目でも楽しめるアウトドアグッズを探されている方

・自分だけのお気に入りの一品を探されている方

・晩酌の時間をよりリッチにしたい方

・大切な人への贈り物を探されている方

 

そんな方々の「これがいい!」になる

TAKESUGI titan tumbler】の魅力を

余すことなくご紹介します!

 

 

TAKESUGI titan tumbler】には様々な特徴があります。

ここからは、大きく3つに分けてご紹介!

①フォルム&色

②チタンの機能性

③二重真空構造

 

知れば知るほど、【TAKESUGI titan tumbler】の魅力に

ハマること間違いなしです!

 

“手に吸い付くフォルム”と”惚れ惚れする色”

コロンとしたフォルムと鮮やかな色が特徴的な【TAKESUGI titan tumbler】。

実は、意味のあるフォルム塗装ではないチタンならではの色味なんです!

 

 

ナノレベルの調整によって生まれた色

TAKESUGI titan tumbler】は、

蒼(青色)と美桜(ピンク)の2色をご用意。

この一度見ると忘れることのできない華やかな色味は、

チタンの表面に処理されている、光を反射させ色を出す膜(酸化被膜)を

ナノレベル以下単位で調節することで実現しました。

また、より色が鮮やかになるよう特殊な表面処理を施しています。

塗装ではないので、時間が経ってはがれ落ちるということもありません。

 

さらに、光の反射を利用している【TAKESUGI titan tumbler】は

角度やロケーションによって色味がコロコロと変化!

家の中、太陽の下、夕日の下、焚き火の側…

様々な表情を見せてくれる【TAKESUGI titan tumbler】に

愛着を持たざるを得ません!

 

 

人間工学に基づいたフォルム

取手がないタンブラーだからこそ、持ちやすさは非常に重要。

TAKESUGI titan tumbler】は、人間工学に基づき

タンブラー下部に傾斜をつけることで、どんな持ち方でも

自然と指にかかるように設計。

つるっと手から滑り落ちにくいので

大切な人との会話を途切れさすことなく、その場を楽しむことができます。

 

また、底面に弊社のロゴ入りのゴム板を取り付け!

小さなお子様が使用しても、滑ったり倒れにくくなっています。

 

 

金属が苦手な方にとっても心地よい機能性

TAKESUGI titan tumbler】で使用されているチタンは

タンブラーにはもってこいの特性を持つ非常に優れた素材。

しかし、強度の高さと熱伝導率の低さから

加工がしにくく、商品化しにくい素材でもありました。

 

しかし!我々は長年の技術によってこの課題をクリア!

チタンの4つ特性を、【TAKESUGI titan tumbler】に活かすことで

抜群の機能性を実現!!!

 

チタンは、高比強度が非常に高く、

アルミニウムの3倍、鉄の2倍と言われています。

 

TAKESUGI titan tumbler】の重さは約160g。

もし、ステンレス材で同じ強度のものを作ろうとすると

重さは約280gになってしまうんです。

同じ強度なら軽い方がいいですよね。

 

チタンは、塩分や酸性の薬品にも耐える性能(高耐食性)を持っています。

その性能は、船の装甲板や橋の足に使われているほど。

さらには、アルカリ性のスポーツ飲料や酸性のお酢を注いでも錆びないので

お手入れを気にすることなく、どこでも、どんなものでも注ぐことができます!

 

フッ素加工などではなく、チタンそのものの性質なので

加工が剥がれることを気にせず使用していただけます!

 

 

チタンは、金属イオンがほとんど発生しません。

そのため、医療用の道具や体内に埋め込む器具にも使用されるほど

人体に対して、非常に優しいと言われています。

 

金属イオンが発生することよって感じる、不快な金属っぽい匂いもないので

金属に対して抵抗がある方にも、手に取りやすい商品です。

 

また、口に入れるものに敏感な子供に対しても

気兼ねなく、飲み物本来の味を楽しんでいただけます!

 

 

チタンは、空気と日光などの光に触れると、

表面に強力な抗菌作用が発生。(光触媒効果)

 

夜に【TAKESUGI titan tumbler】で呑んでいたとしても

洗って朝日の下で乾かすだけで、清潔なタンブラーで

朝のコーヒーを味わうことができます!

 

さらに、タンブラーの内面に特殊加工を施すことで

缶のビールでも、きめ細やかな泡が持続!

お店で飲むビールのような味わいを楽しむことができます。

 

これらは、コーティングや加工によるものではなく、

チタンそのものの特性のため、効果をずっと得ることができます!

 

 

“極厚”二重真空構造で外気の影響を受けない

TAKESUGI titan tumbler】は

内側と外側の間に最大20mmの真空空間を設けた、真空二層構造。

高い保温・保冷性が実現しました。

 

保温・保冷性が高いということは、

「氷が溶けて、飲み物が薄まってしまう」

「結露で気づいたら、テーブルがびしょ濡れになっていた」

なんてこともなくなるんです!

 

さらに、二重真空構造は外気からの影響を受けにくいだけでなく、

内側の熱をシャットダウンしてくれる効果もあります!

そのため、熱いコーヒーや氷でキンキンに冷えたむぎ茶を入れても

タンブラーを直で持つことができます。

 

 

 

さらに利用者からはこんな声も

TAKESUGI titan tumbler】を使用した方からは

「飲み物の味がまろやかになる」という声をいただいております。

 

これは、特殊な処理を施したチタンから発生されるイオンの効果だと

考えられています。

 

ミネラルウォータは自然と身体に吸収される感覚。

日本酒は、吟醸酒等の味わいが大吟醸のようにまろやかな甘みに。

ハイボールやビールは、炭酸の強みを感じつつも雑味が押さえられ

本来の味わいを感じることができます。

 

 

<思いを込めた贈り物としてもおすすめ>

自宅でも、アウトドアでも使えて、性別年齢を問わない

おしゃれなデザインの【TAKESUGI titan tumbler】は

贈り物にもおすすめ。

 

化粧箱は、「水の流れのように変化するチタンの微細皮膜の色」を表現。

シンプルな白ベースに、七色のアクセントが

「中に何が入っているんだろう?」という

ワクワク感を引き立たせてくれます!

 

「仕事の疲れを、至高のひと時で癒してね」

「帰省したら、このタンブラーで一緒に呑もうね」

「これからの結婚生活をあなた達らしく彩ってね」

など、直接会いに行きずらいからこそ

あなたの想いを【TAKESUGI titan tumbler】に

のせてみてください。

 

職人の技術を詰め込んだTAKESUGI titan tumbler

高価に見えるかもしれませんが、

安物のコップを使うのとは生活の質が変わります。

 

ぜひ、一生モノの愛用タンブラーとして

生活の中に取り入れてみてください。

 

商品詳細

TAKESUGI titan tumbler

色:蒼(sou)/美桜(mio)

販売価格 15,500円(税込)

サイズ:底面からφ74→φ96→φ74

※お子様でも持ちやすい大きさです。

高さ:外側90mm/内側78mm

容量:MAX300ml

注意点

・チタンの被膜は、ミクロンという非常に薄い被膜で出来てます。

非常に繊細なものですので、スポンジなどで優しく洗い拭きあげてください。

(拭き残りがあると跡になる場合がございます。)

・表面の色彩は、一つ一つ手作業をしているため

同じ色でも個体差が発生する場合がございます。

 

MAKUAKEにてクラウドファンディングがいよいよ開始