ロストワックス, プレス加工,樹脂加工全般は株式会社武杉製作所

武杉伝言板

武杉製作所がこれまでに培ったノウハウや、業界の動向や、その他社内の日常など、様々な情報をお届けします。

新入社員です!

 改めまして、2019年4月に入社しました新入社員です!

 

新入社員といいましても、今年の4月で入社2年目を迎えます。

だいぶ仕事には慣れてきましたが、事務業務のため直接商品に触れる機会が少なく

商品の事を覚えるのに苦戦しております。

まだまだ分からない事が沢山あるので、1つ1つ覚えていけたらなと思います。

 

ひとまず、最近の課題の1つである『コーヒーを入れたら蓋を閉める!』ことから

始めていきたいと思います...(笑)

(入社1年目を迎える頃までには...!)

今後も宜しくお願い致します。

 

 

(M・S)

 


 

  コーヒー 蓋.jpeg

 

 

テクニカルショウヨコハマ2020 初出展

 初めまして。2019年4月に入社しました新入社員です!

まずは自己紹介...といきたいところですが、先に先日行われました

テクニカルショウヨコハマ2020についてご紹介致します!

 

2020/2/5から3日間、パシフィコ横浜で開催されました、

テクニカルショウヨコハマ2020に武杉製作所として初出展しました!!

新型コロナウイルスの影響で来場者が少ない中での出展となりましたが、

多くの方に足を止めて頂きました。

 

私にとって初めての展示会で、普段は見る機会の少ない他社様の商品を

間近で見ることができ 、とても貴重な経験となりました。

 また次回、機会があれば積極的に参加していきたいと思います!

 

次回に続く...

 

(M・S)

 


 

 展示会 03.jpeg

 

 

 

新設備投入~マイクロスコープ~

新しいアイテムが投入されましたのでご紹介させて頂きます。

 

KEYENCE 測定マイクロスコープシステム VHX-900F

見たい箇所をフォーカスし100分台の測定が可能となります。

また、200倍率でのズームを駆使することにより

深度合成による3D測定も可能です。

レンズ:20倍~200倍

XYステージ移動測定:100×100

アングル変更角度:-60度~90度

 

(M・K)

 

 

keyence1.png

 

新設備投入~マイクロスコープ~

新しいアイテムが投入されましたのでご紹介させて頂きます。

 

KEYENCE 測定マイクロスコープシステム VHX-900F

見たい箇所をフォーカスし100分台の測定が可能となります。

また、200倍率でのズームを駆使することにより

深度合成による3D測定も可能です。

レンズ:20倍~200倍

XYステージ移動測定:100×100

アングル変更角度:-60度~90度

 

(M・K)

 

 

keyence1.png

 

CADでねじを描いてみたPart.4

 

新入社員です。

前回に引き続き、CADによるねじの作図方法をご紹介しています。

作成しているねじは、M10、ピッチ1.5mmの”メートルねじ”です。

(使用したソフトはMastercamX9です。)

 

最終回です。

 

(S・M)

 

 

 

第4段階。

適当な図形に対して、作成したおねじでブーリアン除去を行います。

これで“めねじ”の完成です。

ボーリング大会.JPG

以上が、今回作図したねじのフローチャートです。

はじめは、らせんを描いてスウィープする方法も考えたのですが、

うまくソリッドが生成できなかったので、

今回のようなロフトを使った作図手順となりました

CADでねじを描いてみたPart.3

 

新入社員です。

前回に引き続き、CADによるねじの作図方法をご紹介しています。

作成しているねじは、M10、ピッチ1.5mmの”メートルねじ”です。

(使用したソフトはMastercamX9です。)

 

次回で最後となります。

(S・M)

 

 

 

第3段階。

作図した螺旋のソリッドを、作りたいねじの長さになるよう複製します。

軸をソリッドで描き、ヘッドなどをつけたらおねじの完成です!

ボーリング大会.JPG

続く…

CADでねじを描いてみたPart.2

 

新入社員です。

 

前回に引き続き、CADによるねじの作図方法をご紹介します。

 作成しているねじは、M10、ピッチ1.5mmの“メートルねじ”です。

 (使用したソフトはMastercamX9です。)

 

SM

 

第2段階。

配置した台形の高さをピッチに合わせて変えます。

ロフトでソリッドを作成します。

チェーンの向きをそろえないと、図形がねじれてしまうので注意です。

ボーリング大会.JPG

続く…

CADでねじを描いてみたPart.1

 

ご無沙汰しております。

新入社員です。

 

CADによる作図技術向上のため、 

一般的には描くことのない“ねじ”をソリッドで描いてみました。

今回作成したねじは、M10、ピッチ1.5mmの"メートルねじ"です。 

(使用したソフトはMastercamX9です。)

 

 作成方法は、記事をいくつかに分けてご紹介したいと思います。

 

SM

 

第1段階。

ねじの径、ピッチを設定し、ねじ山となる台形を作図します。

作図した台形を円形にコピーします。

ボーリング大会.JPG

続く…

JIMTOF 2016

 

新入社員です。

先日、東京ビックサイトで行われたJIMTOF 2016に行って参りました。

こちらの展示会では、工作機械や工具、測定器などのブースがいくつも展示されており、

とても見ごたえのあるイベントでした。

 

どの機械がどのような特性を持っているのか、ロストワックス製品に有効な切削機械は

どのような機械なのか等を教えてもらいながら回ることができたので、とても勉強なりました。

 

この展示会を通して、材料や道具の性質についてより興味を持つことができたと思います。

 

SM

 

ボーリング大会.JPG

ボーリング大会

 

10月中旬に今年2回目のボーリング大会と食事会を行いました。

 

毎回豪華賞品をゲットする為に、チーム戦・個人戦と皆さん1位を目指して

 

ヒートアップします。

 

今回の個人戦は新入社員のM君、チーム戦はイベント会長が率いるチームが

 

優勝しました。

 

ボーリングの後は食事会で親睦を深めました。

 

私は今回はあと一歩のところで優勝を逃し、次回は優勝目指して頑張ろうと思います。

 

 (K.M)

ボーリング大会.JPG

機械加工

新入社員です。

 

お客様からの依頼で、先日勉強したMastercamを使って丸棒の機械加工をしました。

機械加工はすぐに終了しましたが、後処理が難しく時間がかかりました。

 

はじめはロストワックスでの製造もできないかと考えましたが、社内で先輩に相談したところ

「形状および効率の観点から機械加工の方が良い」というアドバイスを頂き機械加工での製造となりました。

 

製品に合った製造方法を選ぶ難しさを感じましたが、また、それが「ものづくり」の面白さだとも感じました。

 

 

SM

Mastercam講習.JPG

Mastercam講習

2回目の投稿となりました。新入社員です。

 

10月6、7、13の3日間でMasterCamの講習会に参加致しました。

 

 CAD/Camに触るのもはじめての状態でしたが、分かりやすく丁寧な講習だったので興味を持って学習することができ、無事MILL LEVEL3の修了証を頂きました。

 

1日でも早く使いこなせるよう、一生懸命勉強していきたいと思います。

 

S・M

Mastercam講習.JPG

新入社員

初めまして。9月に入社しました新入社員です!

そして早速初めてのブログ掲載です。

 

今まで全く触れてこなかった分野の仕事で分からないことの連続ですが、ロストワックスやステンレス製品について少しずつ勉強している次第です。

今は言われたことをこなすので精一杯ですが、ゆくゆくは自ら「モノづくり」を広めていける社員になれるように頑張っていきたいと思います。

(S・M)

新入社員.JPG

2016暑気払い

毎年恒例の暑気払いを今年も会社の屋上で行いました。

毎日暑い中仕事をしていますが、この時ばかりは暑さを忘れ、バーベキューをしながら

横浜の花火大会をみんなで楽しく見ています。

来年からはこの花火大会は休止との事で来年の暑気払いはバーベキューのみになってしまいそうです…。

武杉製作所では暑気払い以外でもいろんな社内イベントを行っていますので、

またイベントを行った際にはご報告したいと思います。

 

  (K.M)

2016武杉製作所暑気払い.JPG

ロストワックス製品研修会

 

6月21日と22日の2日間、タキゲン製造株式会社様から5名の方が技術研修に来られました。

 

今年は5月・6月・7月と3回計13名の方が来られる予定です。

 

日程としては、1日目はロストワックス製品についてのお話をさせて頂き、弊社工場説明、

その後プレス等の外注先の協力工場を見学して頂きました。

 

2日目は現場に入って頂き、実際に素材の削り方の違いを体感して頂いたり、製品の組立等を行って頂きました。

 

普段なかなかお会いできない中で2日間という短い時間ではありましたが、非常に有意義な時間でした。

 

今後の営業活動に少しでもお役に立てて頂けたら幸いです。

 

 (K.M)

201606ロストワックス製品研修会.png

2016国際食品工業展にて

2016国際食品工業展  〜FOOMA  JAPAN〜

近年、毎年開催されている国際食品工業展へ参加してきました。

日頃検査しているロストワックス製品等、機械に取り付いている最終完成品として見る機会を

作らせて頂きました。 

今回は会社の試みとして、市場に出ている完成品をなかなか目にすることのない現場作業に

携わっている担当も同行させて頂きました。

普段、単品での完成品では手に触れていますが、市場に出ている完成品を普段目にすることもない中で、

現場作業の担当にとってはとても勉強になったと思います。

私も含めこの経験を活かして、「モノづくり」という立場から社会に貢献していきたいです。

 

 (Y.A)

ロストワックス製品展示会.png

送別会→就任式

5月末日を以て退職される方の送別会を開催しました。

三十うん年お勤め頂き現場も事務もこなしてしまう武杉にとって頼れる存在でしたので

残念ではありましたが、会は盛り上がり良い思い出となりました。

 

でも、やっぱり寂しい・・・

 

 ということで、『イベント会長』に就任して頂きました!!

武杉製作所では年に数回社内イベントを開催しているのでこれからはこちらを支えて頂こうと思います♪

 

(Y.K)

 

送別会.JPG

南の島でロストワックス商品を発見しました

 先週いただいたお休みで、沖縄へ家族サービスをしてきました。

 大きなアクリルパネルの水槽で有名な美ら海水族館に行く途中、見覚えのある製品を発見!

 

近づいて、よく見てみると…。

弊社で製造しているロストワックス製品でした。

 

高温多湿の南の島でも、使用されている事を確認できました。

 

(K.M)

 

 

南の島でロストワックス商品発見.png

横型NCおよび3DCAM&latheを導入!

 兼ねてから検討をしていた横型のCNCを入れました。

今までのNCは弊社工場長が旋盤ハンドルにて作ったプログラム

(昔ながらのやり方ですが、とても効率が良かったです)で行っていました。

しかしノウハウの蓄積を目的としてFANACのシステムを使用したCNCを購入しました。

この機械はターレットと串場の兼用機というとても珍しい機械です。

同時にPCでも管理できるようにとM/Cの3DCADと併用できるよう、LatheのCAMも購入致しました。

あくまで2軸制御となりますが、社内対応できる幅が広がったので、急ぎ納期が対応できます。

プログラムの勉強会を進め、扱える人・扱える商品を増やしていきます!

(M.K)

新機械導入.png

大型ロストワックス製品の旋盤加工

 SUS304(SCS13)の大型ロストワックス製品の旋盤加工を行いました。 

元々切削品で進めていた製品をロストワックスで作れないか打診があり、作らせて頂きました。 

放水用のコネクタ部の製品で、接合部は平坦度が求められるため、0.1mm単位での精度が必要となります。 

そのため、鋳出しだと対応できないため、加工を行いました。 

数が100個前後とのこともあり、汎用旋盤で進めました。 

ロストワックスでも追加加工を行ってしまえばかなりの精度が出ます。

これからも、それぞれのニーズに合わせて進めていきたいと思います

(M.K)

 

ロストワックス+旋盤加工.png

鏡びらき

毎年恒例の鏡開きのおしるこです。

30人分ともなると給食のような大きなお鍋にゆであずきの量はなんと4kgです。

 

そして今年も当たりつきおしるこがいくつか・・・

 

当たりのぜんざいの方は今年イイコトがたくさん起きます♪ので

今後「イイコト」のご報告をしていきたいと思います。

 

当たりのおしるこを食べてみたい方は来年鏡びらきの日にぜひ来て下さい!

 

(Y.K)

 

osiruko.jpg

見える化作業

ロストワックス製品の図面整理中です。

20年以上前から実績のある製品の図面を再度整理していたのですが、この20年で改善箇所が山ほどあり

恐ろしい程の変更図面が出てきました。

しかし言い換えればこれもすべて今までのノウハウの集積。

過去の実績について新しい製品をつくる際、特に弊社の得意としているロストワックスの勘合品について

とても役に立ちます。

ロストワックス製品のノウハウの見える化はとても有意義でした。

 

(M.K)

 

図面・製品見える化作業.png

大岡川沿いに特注ハンドル発見

先日、地元の川沿いを歩いていたら、ステンレス製の特注ハンドルを発見しました。

これはロストワックスで製造したステンレスハンドルに特注の錠前を組み込んだ製品になります。

今回初めて設置されているところを見る事ができました。

街中には様々な場所にロストワックス製品が使用されているので、

今後もいろいろな製品を見つけてみたいと思います。

 

(K.M)

 

大岡川沿い特注ハンドル.png

久々に発見

久々に発見! ≪街中タキゲン様製品No1≫

駐車場の精算機に取付いている補助ロック「C-1567」ロストワックス製品・

材質ステンレス(SCS13)の塊。

見た目がゴツイ!!

今では、かなり数が減り・・・あまり見掛けなくなりました。。。

 

(S.S)

 

久々に発見ロストワックスC-1567.png

短納期商品~その後~

先日、ご報告させて頂きました切削ブロック品のロストワックでの

製品が仕上がりました。

 

下穴やらR指定について素材のままで上がってくるので加工工程がかなり楽でした。

そして1200個ほど一気に上がりました。

異形製品はもちろんですが、このような製品でもロストワックスのメリットを

出すことができました。

 

(M.K)

短納期ロストワックス

世界最長吊橋

連休を利用し、神戸から明石海峡大橋まで行ってきました。

なんと橋脚間の長さは世界一です。

そんな橋脚の上まで行くツアーに参加しました。

当時の技術者の方が同行し詳しく説明してくれます。そして長い管理用通路を通り、

橋脚内のエレベーターで最上階まで登ります。

そこはなんと高さ300m!足がすくみますが、高さ300mからの神戸や淡路島は絶景でした。

(Y.I)

世界一のつり橋の上から神戸2.jpg

チタン商品

先日久しぶりにチタン製品の引き合いを頂きました。

チタンは溶融温度が1700度近いのでやはりロストワックスでの製造に向いています。

しかし、鋳造時に酸化しやすい性質の為扱いが非常に難しいものなのですが、20年近く前から

ゴルフクラブのドライバーのヘッドなど6-4tiを扱っていた鋳造工場のノウハウをもってすれば

なんら問題なく仕上がりました。ロストワックスで製造したチタン製品はやはりSUS304などと

比べても質量が全然違います。しかも耐食性もばっちりです。

しかし質量のほとんどがレアメタルで占められている製品なので金額が何とも・・・

とはいえ、ロストワックスは安価金型投資で様々な素材を鋳造できるのでとても便利です。

(M.K )

チタン商品.jpg

短納期商品には・・・

先日お客様よりロストワックス製品のご注文を頂き製造に入りました。

がしかし今回のご希望の納期はなんと2週間。

ロストワックスの通常かかる日程から考えるとどのように稼働させても間に合いません。

そこで今回は社内のロボドリルで物を作りました。

今回はサイズの近い角材からエンドミルで切削加工し、図面サイズに合わせ、その後穴あけタップ加工。

チャッキングをし直してからまた穴あけタップ加工。SUS304なので固いし粘るので加工がしづらい・・・

100個程度製作するのに時間もかかり、刃物がかなり傷んでしまいました。

 ロストワックスならサイズも合わせてなおかつ下穴をあけた状態で上がってくるので加工工程も

少なく済みます。つまり切削加工よりも単価はかなり抑えられます。

ロストワックスなら角面もR加工などあっても問題なく対応できますが、切削加工だとかなり大変です。

それにしても今回は納期が何とか間に合ってよかったです。(M.K )

ロストワックスと切削の違い

空調ラッチカバー

新幹線(N700系)の空調ラッチカバーについている塗料の不具合の為、         

先日名古屋の車両基地に交換作業に伺いました。

 

資料作成の為、車両等の写真を撮ろうと思っていましたが、セキュリティーが

厳しく入場門で携帯電話を回収されてしまいました。    

 

仕事ではありますがこんなに新幹線を間近に見るのは初めてでした!

が、あいにくの悪天候。ラッチカバー交換作業は無事終了致しましたが風邪を

引いてしまいました。 次は自分の不具合を調整しなくては・・・

 

商品も体も不具合を出さないよう常日頃気をつけなくては!と思います。

 

(Y.A )

ラッチカバー

さくらんぼ狩りへ

お休みを頂き山形までドライブへ行ってきました。  

    

ちょうどさくらんぼのおいしい時期だったので「さくらんぼ狩り」にて

食べ放題食べてきました。

さくらんぼは旬が短いので会社へもお土産に購入し、

休憩時間に皆とおいしく頂きました。 

 

来年はさくらんぼいっぱいの車で帰ってこなくてはいけなくなりそうです・・・・・

 

 

(Y.I )

 

さくらんぼ.JPG

技術研修会(6月)

5月19日・20日の2日間、タキゲン製造株式会社様から4名の方が技術研修に来られました。  

    

1日目はロストワックス製品についてのお話をさせて頂き、その後プレス等の外注先の

協力工場を見学して頂きました。

 

2日目は現場に入って実際に製品の組立等をして頂きました。

 

なかなか営業の方たちとお会いできない中で、2日間という短い時間ではありましたが、

非常に有意義な時間でした。 

 

 

(K.M)

 

ロストワックス技術研修会集合写真

中国工場への指導・視察監査②

4月に中国のロストワックス工場およびプレス工場を視察してきました。

ロストワックス製法については何十年前から変わってはいません。

今でも0.1mm単位の精度の求められる箇所については機械加工しかありませんが、設備の

更改や収縮率などのノウハウの蓄積・矯正技術等により、精度が求められるものも鋳出しの

状態で作れるようになっています。

写真(下段左)のような装飾品などもロストワックスでの製造が可能です。

 

プレス工場についても設備などは昔の日本のような設備ですが、プレス加工技術も職人の育成

の結果、技術が向上しております。

写真(下段右)は、建築向け装飾用のドアプレートですが、絞りで直角を出すのが大変難しいの

ですが金型の調整により綺麗に仕上がっています。

 

多くの製品を作っているだけあり、中国国内にも優秀な職人がたくさん育っています。

日本基準の品質などに関しては国内の工場でうまく管理しながらお付き合いしていきたいと思います。

 

(M.K)

中国工場視察ロストワックス製品

中国工場への指導・視察監査

 

日本国内では新年度を迎え、期を新たに中国工場の視察へ行ってきました。

 

中国国内の情勢は脱中国の流れもあることから日本人は以前よりすくなっていましたが、

 

国内需要の高まりもあることから車や人は行く毎に多くなっている気がします。

 

さて、中国国内の工場はというと・・・

 

少しずつですが日々の指導の結果、ロストワックス等技術力も上げてきています。

 

次回、工場視察を行ったロスト工場とプレス工場のご紹介をさせて頂きます。

 

(M.K)

 

中国工場

タキゲン製造様の式典に出席しました。

 

4月4日土曜日タキゲン製造株式会社様の入社式と創立105周年記念式典にて乾杯のご挨拶をしました。

 

今年もたくさんの新入社員が入り活気あふれる式典となりました

 

我社は新入社員はおりませんが元気だけは負けじと活気あふれる会社として

 

一年を過ごしていきたいと思いました。

 

そして今年も「TAKIGEN最中」おいしく頂きました!

 

(N.K)

takigen最中

ホームページをリニューアルしました!

創業47年にしてホームページをオープン致しました。


ロストワックス製品についてやロストワックス製法について、


またイベントや社内での出来事などを社員猫の「むー」と供にお届けして参ります。


今後ともよろしくお願い致します。

お問い合わせ

ご相談はお気軽にお問い合わせください